×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

糖尿病になる原因

昨今では、こどもでもみられるといった糖尿病(一言でいうと、血液中の糖濃度が高すぎるという症状です)は、進行すると様々な命の危険がある合併症(例えね、糖尿病の場合、糖尿病そのものはすぐに命を脅かす危険がなかったとしても、動脈硬化や脳梗塞などを発症するリスクが高まってしまうのです)を引き起こす怖い病気なのです。ですから、糖尿病(血液のブドウ糖を一定に保つホルモンの働きに何らかの要因で畭常が生じることにより発症すると考えられています)はなるべく未然に防ぐ必要があるのです。

そのためには、糖尿病の原因を知り、その要因を取り除くことが重要となってきます。糖尿病とは、血液中を流れるブドウ糖の量が多い状態、つまり、血糖値が高い状態が常時続いている状態です。普通の血糖値は、食後一気に上昇し、その後は糖分(糖分を控えるだけでなく、どんな糖を使うのかも大切です)が分解されてエネルギーに代謝されるため、徐々に血糖値が下がるのが普通ですが、糖尿病の場合には血糖値が高い状態が継続します。その原因として、ブドウ糖を体の中で分解するインスリンにあるのです。

インスリン(血糖値を下げる効果があるので、糖尿病の治療によく使われます)が元々ほとんど分解されない体質(生活習慣を見直すことで、ある程度変えることができるでしょう)であったり、病気(予防することで発症や再発を防げることもあるようです)などなんらかの事情によってインスリンの分泌量が低下していたり、インスリンが分泌されてもインスリン(一昔前は、「インシュリン」という表記がよく使われていました)の機能が低下していて正常に糖分を分解しきれなかったりといった理由で、体内に吸収した食物のブドウ糖を分解しきれず、血液中に糖分が余ってしまう状態なのです。

糖尿病にも遺伝的要因が大きく絡んでおり、糖尿病になりやすい体質のほうがいるのも事実です。ですが、遺伝的要素だけで糖尿病(先進国ほどたくさんの患者がいるため、生活習慣が原因だといえるでしょう)になる方はほとんどおらず、後天的要因によって糖尿病(先進国ほどたくさんの患者がいるため、生活習慣が原因だといえるでしょう)を発症する方が糖尿病患者の大半を占めているものです。暴飲暴食によって糖分を分解しきれなかったり、運動不足やストレス(原因になるもののことをストレッサーと呼ぶのだとか)で肥満になったりといった生活習慣が大きく関わっている病気なのです。